行政書士は他の士業との連携が大事

【 他の士業との関わりは意外と多い 】

<開業して成功するためにやること>でも書きましたが、他の士業との連携が大事です。
行政書士は色々な分野の仕事をしますが、他の士業が関わる仕事も多数あります。

たとえば、会社設立の場合、登記は司法書士でないとできません
だから、私の事務所の場合は、定款認証が終わったら司法書士にバトンタッチして、登記書類の作成と登記申請をしてもらっています。

また、行政書士の仕事の代表格である建設業許可は、毎年決算の届出が必要です
許可を取った後は、税理士を紹介してきちんと確定申告できるようにし、税理士が作った決算書をもとに届出書類を作ります。

最近では、社会保険加入が許可要件や指導事項になってきているので、場合によっては社労士を紹介することもあります。

相続手続きであれば、相続税の申告納税が必要になることもあります。
そんなときは税理士にお願いするし、許可を取った後にも、必要に応じで税理士を紹介することは多いです。

トラブルに巻き込まれたお客さんに弁護士を紹介することもあるなど、他の士業とのかかわりは、実はかなり多いです。

お客さんの立場になって考えてみれば、許可を取ったらそれだけで終わりでなく、事業全体で考えなければいけないので、税のことや社会保険のことも気になりますよね。
それに、こちらが仕事を紹介すると、いずれ向こうも仕事を紹介してくれます。
弊所の場合、会社設立をした司法書士から許認可の仕事の紹介が良く入ります。
そうやって、お互いに紹介したりされたりできる仲間を作ることが、大事なんですね

では、そんな仲間はどうやって作っていくのでしょうか。
それについては、<行政書士の営業ってどうやるの?>を参考にしてみてください。