行政書士の営業ってどうやるの?

【 相手にする業種に合わせて営業方法を変える 】

行政書士などの専門職は、ただ事務所を開けておけば自然とお客さんが集まる、そんな風に思っていると、あっというまに廃業に追い込まれます。
自営業で成功するためには、とにかく営業が大事です。行政書士も自営業。
だから、行政士にとっても営業はとても大事なのです。

営業というと、やみくもにテレアポや訪問をするようなイメージを持つ人も多いと思いますが、そうではありません。
営業とは、簡単に言えばお客さんを呼んでくることです。
行政書士は様々な業種の仕事を扱います。
その業種ごとに、お客さんへのアプローチを考える必要があるのです

たとえば、Webを使った営業はどうでしょうか。
どんな業種がWebでの集客に向いているのか、気になるキーワードの検索ボリュームを見れば一目瞭然ですね。

ダイレクトメールはどうでしょうか。
あまりパソコンを使わないイメージの業種だと、ダイレクトメールやダイレクトFAXの方が見てもらえる可能性は高くなります。
建設業なんかは、昔からダイレクトメールやFAXでの営業が多いです。
相続業務であれば、相続手続きが発生しやすい一軒家にポスティングする、という方法もあります。

このように、相手はどんなメディアをよく見るのか、どんな営業だったら届くのかを考えて次々に手を打っていかないと、お客さんは決して自然には集まってきません。


【 「近隣の士業」に営業チャンスあり 】

ただ、どこにいるのかわからないお客さんを目指して営業を続けるのは、お金も時間もかかり、効率はあまりよくありません。
それよりももっと集客確率の高い営業相手がいます。それが、近隣の士業です。

<他の士業との連携が大事>でも書きましたが、一つの士業で完了する仕事は、実はそれほど多くありません。
だから、どんな士業も、連携できる相手を探しています
では、どうやってそんな近隣の士業と出会っていくか。そこが問題です。

最も簡単な方法は、異業種交流会です。
行政書士の先輩のつてをたどれば、一人くらい世話好きで交流会が好きな先輩がいるものです。
最初の1回、その人と一緒に交流会に参加すれば、他の参加者から別の交流会に招待されたりして、どんどん異業種の人と出会う機会が広がります。

ただ参加して終わるのではなく、提携できそうな士業に会ったら、事務所を訪問するなどして積極的に交流を深めていきましょう
その人に紹介できそうな仕事があれば、こちらから紹介していくと良いです。
実際に仕事をやってもらうと、スキルや人柄がよくわかるので、そうやって見極めていくことも大事です。

また、研修や無料相談会も近隣士業と出会えるチャンスです。
行政書士になると、行政書士会や所属する単位会が開催する研修に参加できます。
行政書士会の研修なので、参加しているのは行政書士ばかりですが、他の士業と兼業している人も少なくありません。

税理士と行政書士を兼業していて、実は行政書士の仕事はあまりやっていない、というようなケースは結構あります。
そういう場合、行政書士の仕事が来たとき、やったことのない業務だとあっさり断ってしまう人が多いので、断るくらいなら仕事を回してもらえるよう、仲良くなっておくと良いですね

行政書士会が行う無料相談会や、区や市が行う無料相談会には、他の士業も共同して行う大きなものがあります。
実際の相談スキルを見ながら、自分の業務に提携してほしい士業を探すのにはもってこいなので、積極的に参加しましょう。
懇親会にもどんどん出て、単に名刺を交換しただけでは終わらないよう、気になった人と懇親を深めてみてください。

最後に、どんな営業も、「仕事をください」「お金をください」ということだけを押し出していては、だれも相手にしてくれません。
自分は相手にとってどんなメリットを提供できるのか、どんな問題を解決してあげられるのか、それこそを大事に考えていくと、押しつけがましい営業にはならないと思います。