行政書士の開業は、自宅?事務所を借りる?

開業を考えたときに多くの人が悩むのが、自宅開業にするか、事務所を借りるか、ではないでしょうか。
行政書士登録する際には、事務所の住所も登録されるため、使用人行政書士(行政書士事務所に勤務している人)でない人はその時点で自宅か賃貸かを決める必要があります。

なんとなく「最初はお金もないし、自宅兼事務所でいいか」と考えがちで、実際多くの人が自宅兼事務所で開業しています。
自宅兼事務所には、事務所を賃貸すればかかる家賃が0円という大きなメリットがありますが、デメリットもあります。
また、事務所を賃貸することにもメリットデメリットがあるので、安易に決めずに比較検討してじっくり考えましょう。


【 それぞれのメリット、デメリット 】

自宅開業のメリット
・事務所を別に借りるための賃料がかからない
・いつでも仕事ができる
・家事や育児と両立しやすい

自宅開業のデメリット
・プライバシーが保てない
・打ち合わせなどで人を呼びにくい
・だらだらしやすい


自宅開業の場合、事務所を賃貸するための家賃がかからないのは大きなメリットです。
家賃だけでなく、事務所を賃貸すれば水道光熱費もかかるので、費用面から言うと自宅兼事務所のほうがずっと負担は少ないでしょう。

しかし、スペースの問題があります。
もし、打ち合わせのために他人を自宅に入れなければならない場合、プライバシーを保って仕事ができるスペースが取れるかどうか、考えたほうが良いでしょう。

お客さんの方も、普通の家庭のリビングで打ち合わせだと、「この事務所、大丈夫かなあ」と不安を感じるものです。
作業だけなら生活スペースと一緒でもなんら問題ありませんが、打ち合わせや来客を考えると、スペースの確保が難しい点が、自宅開業のデメリットです。


賃貸事務所のメリット
・仕事に集中できる環境である
・打ち合わせ等、人を呼びやすい
・しっかりした事務所という印象を持たれやすい

賃貸事務所のデメリット
・賃料や水道光熱費など、費用がかかる
・通勤がある


借りられるなら事務所を借りたいと思っている人は多いはずです。
しかし、実際問題初期費用がかなり掛かるうえ、毎月の賃料や光熱費も相当かかります。
開業して確実に稼げるのかどうかがわからない状態では、いきなり事務所を借りられないというのが正直なところでしょう。

ただ、やっていける確信があるのなら、融資を受けてでも事務所を借りるのが良いと思います。
将来的に人を雇ったりする場合、自宅開業だと難しいことが多いからです。


【 開業したい場所で決める 】

行政書士は、事務所が所在する都道府県の行政書士会に所属します。
だから、自宅が東京でも事務所が埼玉にあれば、埼玉県行政書士会の所属、ということになります。
事務所が埼玉にあるからと言って、埼玉県外の仕事ができないというわけではありません。
しかし、事務所近隣に顧客を持つことが多いでしょう

だから、「この辺で営業をかければいけるだろう」という地域があれば、そこに事務所を出すしかないので、賃貸することが多くなるでしょう。

車検場の周りには「代書」「免許更新」と看板を出した行政書士事務所が多数ありますが、あれらは「車検場の近く」という場所にこだわった事務所と言えます。
ほかにも、品川の入国管理局近くには、在留手続きを専門に扱う行政書士事務所が集まっています。
このように、仕事を取りやすい場所に事務所を出す、という考え方もあります

最後に、事務所を移動すると電話番号も変わってしまうことが多いです
そうなると、以前の顧客が連絡を取りにくくなったりして仕事を逃してしまうことがあるので、事務所の場所をどうするかはよく考えて決めましょう。