行政書士合格までに取られる勉強時間

【500時間以上取られる人なら、いたるところにいます】

行政書士の受験者は、全部でどれくらいの勉強時間をかけているでしょうか? 

これは実態調査が困難です。アンケート調査を実行しても、なかなか協力してくれないことが多いようですし、正確な回答をしてくれないことも多々あるようですから。また、人によって合格するまでの道のりが大きく違うため、集計しにくくなってしまうこともありえます。

たとえば、合格者の間には以下のような違いがあります。

・1回の受験で受かったか、2回以上受けたか
・どのような勉強法を用いたか



なるべく、近い条件で比較しないと意味がないかもしれません。

いずれにしても、行政書士になるための勉強時間は平均して数百時間におよぶことは間違いないでしょう。500~800時間くらいの間に収まるとみなすことを、ここではおすすめしたいと思います。

勉強法に無駄がなく、1回の受験でパスできた受験者だけで比較するなら、平均の勉強時間は400時間以下かもしれません。 その反対で、受け直した経験を持つ受験者だけで比較するなら、累計の勉強時間は1000時間を優にオーバーしてしまうのではないでしょうか。

・これから行政書士を目指す志望者
・1回の受験で合格したい志望者
・まだ行政書士のことを何も知らない志望者
・法律をまともに勉強した経歴がない志望者



今、ここを読んでいるあなたが以上の条件すべてに該当するなら?  その場合なら、目標とすべき勉強時間は400~600時間くらいに定めてはいかがでしょうか?  そして、試験日までに使える期間をもとに、ひと月あたりの勉強時間や1日あたりの勉強時間等を割り出していくとよいでしょう。


※なお、今のご提案には、「無駄のない勉強法を選ぶこと」という条件がくっつくことは忘れないようにしてください。