行政書士に求人はある?

【行政書士は就職に有利な資格ではありません】

行政書士は独立開業型の国家資格です。
なので、行政書士として一般企業に勤めるということは、ほぼありません。例えば、一般企業の面接で「自分は行政書士の資格を取得しています」と言っても、面接官は「え?行政書士?」と首をかしげるくらいの反応しかないと思います。
ちなみに私の先輩がこのパターンで、「なんで、難易度の高い行政書士を取得しているのに、面接官はこんなに冷めているんだ」と思ったそうです。しかも面接官の1人は行政書士の資格すら知らなかったそうですから…。

このように、行政書士の資格は就職に有利ではないですし、一般企業に行政書士として勤務することはできません。一生、会社員として一般企業に勤めたいのであれば、行政書士の資格は取得しても意味がないといってもよいでしょう。

なかには、企業の法務部門などに行政書士有資格者が勤務している場合もありますが、これは行政書士の資格があったから企業に勤務することができたのではなく、業務に必要な知識として、行政書士の資格を取得したものだと考えられます。

基本的に、士業というのは独立開業する資格です。なので、一般企業での求人募集はないと考えてください。しかし、それでも会社員になりたいというのであれば、行政書士事務所に就職するという手があります。
詳しくは、次の数少ない求人募集を入手する方法をどうぞ!