独立開業のリスクは?

【他の職種に比べて開業のリスクは少ないでしょう】

独立して仕事をするということは、会社員とは違い自由なスタイルで仕事ができるという特権がある一方、それなりのリスクは伴います。

会社員であれば、仕事ができてもできなくても毎月固定給がもらえるのですが、独立開業した場合、あたり前ですが、仕事がなければ収入はゼロです。
開業してすぐに仕事がポンポン来るような甘い世界ではないので、開業する前に、ある程度の蓄えを用意しておいたほうがよいでしょう。あればあるだけよいのですが、無収入でも6カ月くらい生活できるよう最低100万は備えておく必要があります。

そうはいっても、他の仕事で独立開業するよりは、はるかに行政書士は開業時にかかるお金もリスクも少ないといえます。
開業時に必要なものは、パソコンとプリンタと電話とFAX。これだけです。いきなり事務所を持つ必要はなく、仕事場は自宅で、クライアントとの打ち合わせは喫茶店を利用すればよいのですから。

例えば、飲食店を開業するとなると、トータルで約1000万はかかります。居抜き物件を利用したとしても500万近くは必要です。それに比べれば、行政書士のリスクは低いですよね。万が一、仕事がなくて廃業するにしても何百万の負債を抱えるなんてことは基本的にありません。

開業して苦しいのは数ヶ月で、営業活動を地道にしていれば、開業3カ月くらいから仕事は少しずつ入ってくると思います。
私の場合は、開業して2カ月目に親戚から契約書作成(3万)と、遺言書の作成(5万)の依頼を受けました。合計8万の仕事でしたが「行政書士として収入を得た」という自信が付き、益々やる気になり、次の仕事への励みとなりました。

その後は少しずつ仕事が増えて、開業6カ月後の月収は30万ほどに。仕事の数は毎月違うので、収入もバラつきはありましたが、その後も毎月30万はコンスタントに稼げていましたね。