開業して成功するためにやること

①開業はどうやってやるの?

【開業準備の仕方、具体的に教えちゃいます】

では、いざ開業となった場合、具体的にどのようなことから始めればよいのでしょうか。私が実際に行ったものをまとめてみましたので、参考にどうぞ。

①名刺作り
顔を覚えてもらうことが大切なので、できればカラーの顔写真入りの名刺が良いと思います。

②行政書士会への挨拶
これは必須です。菓子折りを持参して、行政書士会の支部長や世話役に挨拶をしに行きましょう。そして、行政書士会の行事には積極的に参加をしておくことが大切です。うまくいけば仕事を紹介してもらえたりするかもしれません。

③近所の他の士業者への挨拶
社会保険労務士や税理士といった他の士業者への挨拶も忘れてはいけません。
ときには、自分の専門外の依頼が来るときがあるので、その場合は仕事を紹介してもらったり、ということも。パートナーとして手を組んで業務を行うのもひとつのやり方です。

④宣伝活動
一に営業、二に営業。これは鉄則です。黙っていても仕事は来ないので、自分から積極的にしかけなくてはいけません。ちなみに私が行った宣伝活動は次の3つです。いろいろ自分で試してみて、ベストなやり方を選んでくださいね。

●事務所のホームページ作成する
パソコンが普及しているこの時代に、事務所のホームページは必須です。パソコンが得意であれば、自分で作成すればよいのですが、できない場合は、依頼しなくてはなりません。費用はピンキリですが、開業当初はそれほど立派なホームページはいらないので、シンプルで見やすいものを作りましょう。書士さんの中には、ブログを兼用している場合もありますので、自分のスタイルに合ったものを選んでください。

●近所への挨拶回り
これは、どの分野を専門的にやるかによりますが、もし個人向けに業務を行うのであれば、近所への挨拶回りはとても有効です。その際は、必ず顔写真付きのチラシを配ってくださいね。

●広告を出す
事務所の場所が駅近くであれば、電車の広告が有効ですし、地元密着で業務を行うのであれば、新聞の折り込みやタウン誌の広告が効果的です。ただし、これは費用がかさむので、ある程度仕事が軌道に乗ってからでも良いかもしれません。